****2019年 セレーネ・沙湖の12星座 11月の占い****

牡羊座(3/21〜4/20)
●無理難題を言われたら闘おうとせず逃げるのも賢明。自分自身を穏やかに保つために精神的にホッとすることを求めてください。一人旅や読書など、一人で気兼ねなくできることに集中し、特定の人を意識からはずすように。

牡牛座(4/21〜5/21)
●人に頼られることはそれなりに嬉しい反面責任も感じるのでややストレスが溜まります。でも、人間関係が広がったりして後々得をすることが多いので、相談事には親身にのってあげて。ただしオンとオフはしっかり分けて。

双子座(5/22〜6/21)
●波風立てないように心静かに過ごしたい時期なので、人の忠告や意見は素直に聞き入れて、自分の考えと多少異なっても受け入れることです。特に体調がいまいちの時はお誘いや約束を断るのも一つの礼儀なので気を付けて。

蟹座(6/22〜7/22)
●人の嫌がることや、みんなが苦手だと思うようなことを率先してやることで株が上がります。体力もエネルギーも比較的あるので前半は世話好きの本領発揮です。ただし後半はばてるのでペース配分を間違えないようにして。

獅子座(7/23〜8/22)
●家族間で話し合いをすることがありますが、まともに受けすぎる傾向があるのでけんか腰になる。できれば食卓を囲むとか外出して気分が高揚しているときに話すといい。良い結論が出たら絆の深さを感じるので満足できる。

乙女座(8/23〜9/23)

●議論することを恐れないで。意見が合わない相手と向き合った結果一つの結論に達した時の喜びは計り知れない。何事もやらないであきらめてはいけません。あなたの言葉は人を説得するに値するだけの真実があるのですから。

天秤座(9/24〜10/23)
●物事を中途半端のままで終わらせないように。特に金銭面でのトラブルは人間関係を壊すので注意して。何事もきちんと調べすぎるぐらいでちょうどいい。ネットの活用を存分にすることで気づきを得るのですっきりします。

蠍座(10/24〜11/22)
●自分の意思が明確になっているので、欲しいものとそうでないものがはっきりする。ほしいものは多少値が張ってもこの時期にゲットすべき。人に対しても自信をもって接することができるので積極的にアピールしてほしい。

射手座(11/23〜12/21)
●身ぎれいにしておくことで運気がアップしますが、調子にのりすぎていると思わぬところで噂されていたり不本意な結果を招きます。単独行動にツキがあるので買い物などは一人で行くこと。周囲に惑わされない強さが必要。

山羊座(12/22〜1/20)
●団体行動の中で何気に言った一言が和を乱す恐れがあります。あまり人に意見はしないほうが得策でしょう。気心が知れているからと思ってつい一言多くなりがち。自分の世界に浸ってなるべく傷つかないように過ごすこと。

水瓶座(1/21〜2/19)
●心に余裕を持たないといけません。目上の人や年長者に対してどうも反発してしまうかもです。同世代の気の置けない仲間との談笑が救いなので、愚痴はどんどん言って発散し、次の日まで怒りの感情を持ち越さない事です。

魚座(2/20〜3/20)
●責任ある立場を任されそうですがそれを苦痛と感じるよりもありがたいと感じてほしい。自分で思うよりもあなたはシンの強さがあります。特に人に対して分け隔てしないので指導的な役割は買って出ると皆が喜ぶでしょう。



セレーネ・沙湖
【占星カウンセラ…(西洋占星学・タロットカード・数秘術等)】

☆プロフィール☆
15歳から占星学を独学で習得。 神戸大学・教育心理学科に在学中、心理学と占いの関連性を追求すべく、その後、雑誌編集者等を経てプロの占術家に。 重ねてカウンセリングの勉強も行う。単なる「当たる」ことのみに焦点をあてた「占い」ではなく、その人が「今、どうすべきか」に焦点を当てて精神的な「癒し」としての「ホッとする」占いを心がけている。
☆主な経歴☆
2000年に雑誌「バンサンカン」に紹介され一躍有名に。お客さんには有名なモデルさんや業界人、ミュージシャン等が多い。現在も、fm大阪「ラブ・フラップ」で、月〜木の2時からの「フォーチュン・ラブテリング」のコーナーで原稿がオンエアされている。最近では「hanako-west」2月号に記事が掲載。現在も豊中市にて完全予約制女性限定の直接鑑定も行っている。占術ではなく、大学で学んだ教育心理学を基礎に自らの経験をプラスし「子育てカウンセリング」を展開。

http://www006.upp.so-net.ne.jp/selene01/top.htm





Copyright©2015 Heartsweb